光を放つスマホを持つ手
  1. ザイロリック通販は痛風予防に便利!   >  
  2. 痛みが無いときに飲むこと

痛みが無いときに飲むこと

アテンションの文字示す手

痛風予防にザイロリックが良いのであれば、痛風を引き起こしたときに飲もうと考える方もいるでしょう。

痛風発作は、関節内に出来てしまった尿酸結晶を白血球が攻撃することで起こる症状です。このとき白血球の攻撃によって、尿酸結晶は溶けだします。

そしてザイロリックが尿酸値を下げることで、尿酸結晶は溶けだすのです。このことから分かるように、痛風発作を起こしているときにザイロリックを服用すると余計に痛みを酷くしてしまう可能性が高いことがいえます。

そのため絶対に痛風発作を起こしている時は、ザイロリックを飲まないことをオススメします。

なぜ痛風発作と同じことが起きているのに、ザイロリックによる尿酸結晶が溶ける作用の時は痛みが出ないのかというと、白血球の攻撃が無いからです。

痛風のときには、尿酸結晶を異物だと判断した白血球が攻撃しますが、その時に免疫反応から周辺の神経や組織を傷つけてしまうことがあります。
さらには異物に反応している時には、炎症を引き起こす物質が出るのです。

このときにザイロリックを飲んで尿酸値を下げて、結晶化したものを溶かしてしまうとさらに症状は悪化してしまいます。

そのためザイロリックは必ず、尿酸値が高くても痛みが無い状態で飲むことが大切なのです。
もし痛風発作を起こした場合には、すぐザイロリックの服用を中止して痛みが治まってから、服用を再開するようにしましょう。

病院処方で痛風治療を行っている方は、医師から説明がありますがザイロリック通販を利用する場合は全てが自己責任となるので、服用には注意が必要です。

風が吹くだけでも痛いといわれる、痛風を発症させてしまわないためにザイロリックで、尿酸値の上昇を抑えましょう。