光を放つスマホを持つ手
  1. ザイロリック通販は痛風予防に便利!   >  
  2. 痛風予防に働く薬

痛風予防に働く薬

薬を持つ手

とても強い痛みを伴う痛風ですが、生活習慣に気を付ける以外にも予防する方法はあります。そもそも原因となるのは、尿酸値の上昇です。

尿酸のもととなるプリン体は日々体内で産生されているのですが、代謝が低下したり食品に含まれているプリン体の過剰摂取により、体外への排出と産生のバランスが崩れることで起こりやすくなります。

そのプリン体が分解されて尿酸になるのですが、ザイロリックを飲むことで阻害してくれるのです。
有効成分である、アロプリノールの働きによって尿酸の産生がされにくくなります。

それによって、多かった尿酸の産生は抑制されて排出がスムーズにいきやすくなるので、蓄積されていた尿酸も減少していきます。

こうしたザイロリックの働きから、血中や尿に含まれる尿酸値を下げることができるのです。

ただ痛風は、尿酸値が高いだけで起こる症状ではありません。尿酸が体内に増えすぎることで関節内に蓄積してしまいます。
そして結晶化した尿酸を免疫機能である、白血球が異物だと判断して攻撃し始めることで、痛風発作は起こるのです。

白血球の攻撃によって、周辺の神経や組織が傷ついて同時に尿酸を溶かす働きをするので、余計に痛みが増してしまいます。

そのため痛風発作を引き起こしてしまう前に、ザイロリックを飲むことが大切なのです。

尿酸値を下げる働きをするのであれば、痛風発作が起きている時でも飲んだ方が良いと考える方もいますが、痛みがある時にザイロリックを服用すると痛みを酷くする場合があるので絶対しないようにしましょう。

あくまでもザイロリックは痛風予防に効果があり、尿酸値を下げる働きを持っているので特徴を知った上で正しい飲み方をする必要があります。